診療科のご案内

 

泌尿器科

医師紹介

常勤医師
外来医師担当表はこちら
氏名 出身大学 専門医・資格 等
福島 岳志 筑波大学卒 ●日本泌尿器科学会認定専門医・指導医 医学博士

非常勤医師

氏名 出身大学 専門医・資格 等 外来担当日
石井 義之 順天堂大学 ●医学博士
●日本泌尿器科学会専門医・指導医
●泌尿器腹腔鏡技術認定医
金曜 午前

診療方針

多摩丘陵病院の泌尿器科では、外来・入院とも、患者様を主体に考え、インフォームドコンセントの充実を心がけています。尿路上皮癌、前立腺癌、前立腺肥大症などの治療が主体で不妊治療やED治療は原則として行っていません。当院が不得意な分野もしくは設備が無い分野に関しては、患者様がより良い治療を受けられるために、その分野の専門病院などを紹介させていただくようにしています。入院治療が必要な場合には、なるべく短期間での入院を目指しています。主要手術にはクリニカルパス(入院治療計画)を導入しています。常勤医師は、日本泌尿器科学会の指導医もしくは専門医の認定を受けています。

主な手術例及び検査内容・症例数

  • 一般尿検査
  • 尿細胞診
  • 尿路造影などのレントゲン検査
  • CT・MRI検査
  • 超音波
  • 尿培養
  • 男子性感染症検査(クラミジア、淋病、梅毒、HIVなど)
  • ウロダイナミック検査(膀胱内圧測定など)
  • 膀胱鏡・尿道鏡・尿管鏡などの内視鏡検査
  • 前立腺癌検査(腫瘍マーカー採血、前立腺エコー、前立腺針生検)

手術件数

  • 2015/4~2016/3(1年間)の手術件数   89例
  • 2013/4~2014/3(1年間)の手術件数   91例
  • 2012/4~2013/3(1年間)の手術件数   89例
  • 2011/4~2012/3(1年間)の手術件数   91例
  • 2010/4~2011/3(1年間)の手術件数 106例
  • 2009/4~2010/3(1年間)の手術件数   92例
  • 2008/4~2009/3(1年間)の手術件数   82例
  • 2008/4~2009/3(1年間)の手術件数   82例
2015年度手術症例
  • 腎尿管全摘術           1例
  • 経皮的腎瘻造設術         1例
  • 尿管手術(結石+ステント)  27例
  • 膀胱癌手術          23例
  • 膀胱結石手術           7例
  • 膀胱瘻造設術           2例
  • 前立腺癌手術           8例
  • 前立腺肥大症手術       10例
  • 経尿道的尿管結石摘出術      9例
  • 睾丸手術             4例
  • 陰嚢水腫手術           3例
  • 陰茎手術             2例
  • 尿道手術             1例
悪性腫瘍手術(腎、尿管、膀胱、前立腺、睾丸など)
日帰り手術(外来手術)
  • 茎手術(真性包茎の場合は保険診療ですが、仮性包茎の場合は自費診療<15万円>となります)
  • 精管結紮(自費診療<10万円>)
  • の他の局所麻酔での小手術

前立腺癌について

スクリーニング検査として、PSAの採血検査が有用で、PSA値が高い方に対して精密検査(確定診断を目的)として前立腺生検(前立線組織採取⇒病理検査)を行います。
●当院の前立線針生検
多くの施設が1~2泊の入院の上、脊椎麻酔や全身麻酔などで行っているのに対して、当院では外来検査で局所麻酔下に行っており、超音波検査時間も含めて約30分で終わります。食事制限もなく歩いて帰れます。検査当日のみ入浴はできません。2015年度は1年間に47件行いました。多くは人間ドックなどでPSA値が4.1 ng/ml 以上の異常値を示した方が対象ですが、生検を行った47例中60%にあたる28例の方に前立腺癌が見つかりました。
●根治的前立腺精嚢全摘出
2015年度、当院では8例の前立腺全摘出術(リンパ郭清を含む)を行いました。平均手術時間は2時間8分で出血量も少なく、過去10年間に自己血も含め輸血を行った症例はありません。以前は自己血の貯血を行っていた時期がありましたが、現在は自己血貯血も行っていません。昨今、腹腔鏡やロボット手術が流行っていますが、当院では前立腺尖部の剥離を用指的愛護的に行うことにより、断端陽性率や術後の尿失禁発生率を低くする様に努力しています。

認定施設

  • 日本泌尿器科学会専門医教育施設
  • 順天堂大学臨床関連病院
  • 順天堂大学泌尿器科専門研修施設群

その他

  • 膀胱又は直腸機能障害の診断指定医

▲ページの先頭へ