診療技術部のご紹介

 

topimg

薬剤部


多摩丘陵病院薬剤部では、患者さまに正しくお薬を服用していただき、満足のいく治療を受けていただけるよう日々努力しています。
薬剤師により調剤業務、製剤業務、注射業務、病棟業務、DI業務、チーム医療への参加を積極的に行っています。
また、医薬品の品質管理、リスクマネジャーとしての安全管理など様々な業務に取り組んでいます。

薬についての詳細はこちら薬について

ジェネリック医薬品についてはこちらジェネリック医薬品について

登録レジメンについてはこちらレジメンについて

調剤業務

入院中、または外来受診の患者さまの薬を調剤しています。調剤は、処方箋の内容について投与量、飲み方、相互作用・重複投薬、副作用の確認を行い、必要に応じ医師に疑義照会を行っています。また、薬剤の作用・副作用・使用方法について説明させていただいています。

製剤業務

photo_medicine1
製薬会社で製造していない医薬品の調製、散剤の分包、外用剤の混合など衛生的かつ正確に製剤しています。

注射業務

photo_medicine1
注射処方箋をもとに、医薬品の適正使用の確認、配合変化などの確認を行います。
輸液を個人ごとにセットして、病棟に払い出しを行っています。
photo_medicine3
高カロリー輸液(TPN)は薬剤部にてクーリンベンチにより無菌調剤を行っています。また、抗がん剤に関してはレジメンのチェック、副作用対策のチェックをするとともに、安全キャビネットにて無菌調剤を行っています。

病棟業務

各病棟に担当薬剤師を配置し、患者さまの持参薬確認、薬の適正使用、配薬の準備、患者さまへの薬の説明や相談のみならず、副作用回避のための処方確認など執り行っています。また、医師、看護師、他の医療スタッフと連携をとり様々な業務に携わっています。

DI業務

医薬品に関するさまざまな情報を収集し、薬剤部内だけでなく病院すべてのスタッフに情報提供し、患者さまのより良い薬物療法に役立ててもらう仕事です。医薬品最新情報を収集するとともに、定期的に院内医薬品集、drug informationを作成して、院内へ情報を発信しています。また、医師をはじめとする各医療スタッフからの問い合わせへの対応も日々行っております。

チーム医療への参加

安全対策(MeRMO)、感染対策(ICT)、栄養サポートチーム(NST)、褥瘡対策、各職種の糖尿病療養指導士による糖尿病スタッフミーティング、乳腺外来などに薬剤師としての職能を活かしてチーム医療に参加しています。

▲ページの先頭へ