診療技術部のご紹介

 

臨床工学科

診療技術部 臨床工学科

 臨床工学技士とは、臨床工学技士法に基づく国家資格で医師の具体的な指示を受け、診療の補助として、厚生労働省令で定める生命維持管理装置の操作及び保守点検を行うことを業とする医療技術職です。
 当院では、2013年4月に、はじめて臨床工学技士が1名配置されました。現在、診療技術部、臨床工学科として、医療機器の安全性と信頼性を維持した医療の提供に努めています。また、医師、その他の医療技術者と連携を図り、医療技術の提供を行っています。

  1. 医療機器管理業務
  2. 人工呼吸器、除細動器をはじめ、輸液ポンプ、シリンジポンプ、モニタなどの医療機器の保守点検および管理を行っています。医療機器メーカーが主催するメンテナンス講習会に積極的に参加することで、医療機器を安全に使用できるように努めています。

  3. 呼吸療法業務
  4. 医師の指示の下、酸素療法・ネーザルハイフローから人工呼吸器まで、医療機器の操作および技術をサポートしています。

  5. 血液浄化業務
  6. 医師の指示の下、急性血液浄化療法として、持続的血液濾過透析(CHDF)、エンドトキシン吸着(PMX)、腹水濾過濃縮再静注法(CART)などの医療技術の提供を行っています。

  7. 医療機器安全研修業務
  8. 人工呼吸器、除細動器の安全使用を目的とした研修、新入職員への医療機器の基本的な取扱い研修、2年目のフォローアップ研修、新規導入医療機器の安全使用を目的とした研修など、医療機器を安全に使用するための研修を定期的に行っています。

  9. その他業務
  10. 医師の指示の下、ラジオ波焼灼術などの医療のニーズに応じた医療機器の技術提供を行っています。また、院内の医療安全管理室、安全対策委員会、感染対策委員会等に所属し、チーム医療の一員として常に安全に医療が提供できるよう努めています。

▲ページの先頭へ