チーム医療

 

褥瘡対策チーム

褥瘡とは

褥瘡とは、いわゆる床ずれのことです。自分の体重によって組織が長時間圧迫され、血液の流れが妨げられることで壊死して発生します。

褥瘡対策委員会の構成

褥瘡対策委員会の構成図

褥瘡対策委員会は専任の医師、看護師及び様々な職種のスタッフから成っています。

褥瘡対策委員会の活動内容

①「褥瘡に対する計画書」の点検・管理
全ての入院患者さんに対し、日常生活はどのくらい自立しているか、
褥創発生のリスクはどのくらいかの評価を行っています。
②褥瘡予防寝具の管理
各々の患者さんに適切な体圧分散マットレスなどが選択されるよう、
管理しています。
③褥瘡回診
専任の医師を中心とした回診メンバーで、週に1回回診を行っています。
全ての褥瘡のある患者さんに対し、褥瘡の評価と治療法の検討を行います。

回診メンバー

このメンバーで回診しています!

④褥瘡対策マニュアル作成
定期的にマニュアルの見直しを行い、スタッフが統一した知識を共有できるようにしています。
⑤褥瘡対策委員会の開催
回診時や日常ケア時に発生した問題点の改善や、症例検討等を月に1回行っています。

褥瘡対策委員会の開催時の様子

⑥病院職員への褥瘡に関する教育
病院職員全員を対象とした勉強会等を行い、褥創に対する知識の向上を図っています。