チーム医療

 

感染対策チーム

感染対策チーム
・ICT(Infection Control Team): インフェクションコントロールチーム

当院は町田市において感染防止対策加算1を取得している病院です。加算1とは、国より感染症において中心的な役割を持つ病院である事を自覚し、リーダーシップを発揮できるよう努力することを期待されている病院のことです。

病院内において、感染症が起きないよう、そして感染症が発生した際に迅速かつ適切に対処できるように日々活動しています。
医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、事務職員で構成され、各専門分野の知識を活かして毎週話し合いを行い、それに基づき各部署へ指導を行っております。

主な業務としては

  1. 院内感染状況を把握し、改善の為対策を教育・指導する。
  2. 院内を巡回して、環境整備・手洗い指導・廃棄物の分別・抗生剤・消毒薬の適正使用など、感染上問題になることをチェックし、必要があれば担当医・他の医療スタッフにアドバイスする。
  3. 職員の感染防止のために教育・指導・マニュアル作成など

があります。

各職種の役割

職種 役割
医師 感染制御に関する専門的知識を基に対策の立案・実施・指導。
看護師 院内感染防止対策・実働。ICTメンバーと連携して感染制御の実施、環境感染の整備、職業感染の予防、現場感染制御の教育、院内調査の企画・実施。
薬剤師 耐性菌予防のための抗菌薬・消毒薬の適正使用。
薬物血中濃度モニタリング(TDM)を行い、それぞれの患者さんに応じた抗菌薬の投与設計を行い担当医に提案。
臨床検査技師 院内の分離菌、耐性菌に関する情報を把握・集計し解析した情報を他の職員へ伝達。
情報伝達。アンチバイオグラム(当病院における細菌情報の特性を分析し、どの抗菌薬の効果が高いか数値化したもの)を作成。
事務員 新入職員・職員ワクチン接種状況の把握・実施、職員の抗体値把握。

その他業務として
  • 院内全職員向けの感染講習会開催(年2回)
  • 新所属者、各職種への教育
  • 新興感染症の情報や注意点、院内の感染症情報をまとめたInfectionControl発行(月1回)
  • 感染症情報レポート週報発行(毎週)
  • 各部署で困ったことがあった場合の相談(コンサルテーション)
・感染防止対策地域連携
感染防止対策加算2を取得している医療機関との合同カンファレンス開催(年4回)
(現在日本国内・町田市内で流行している感染症についての情報を共有しアドバイスを行っています。)
感染防止対策加算1を取得している医療機関同士の相互評価実施(年2回)
・地域連携活動の一環として、近隣の介護保険施設などの感染症について相談