病院の概要

 

医療安全管理指針

多摩丘陵病院(以下、「当院」という。)は、「生きる力を支え合い、ぬくもりのある医療と看護を提供します。」を基本理念として急性期医療からリハビリテーションに至るまで医療全般にわたって地域住民の要望に応えるべく誠心誠意多岐に渡る医療活動を行っている。「的確で迅速な診断」のため医師は最新の医療情報に精通するよう鋭意努力し、検査科・放射線科なども緊急や時間外の検査に協力的である。治療に当たっては単に病気が治るというだけでなく、納得や満足感の得られる医療を達成するため、医師・看護部・診療技術部が中心となって患者一人ひとりの価値観を尊重した接遇を心がけている。

事故の無い安全な医療を提供していくための努力は、会議・委員会での討論や各職場での創意工夫等で図っているが、やはり「医療というものは本源的に危険をはらむ」ということの一方では「To Err is Human =人間はエラーを犯すものである」という事実も甘受せざるを得ず、ますます医療事故の根絶を困難にしている。

医療界のみならず航空輸送や原子力発電など病院同様複雑なシステムの上で機能している組織では その中で働いている人間の特性・能力には限界があり、組織として事故防止システムを構築していく必要があると強調している。しかし、決定的な良策があるわけではなく 相変わらず事故は続いているのである。こうした事実を踏まえ我々は個人と組織が両輪のように機能する安全管理が必要であると考え、 当院に勤務する全ての職員に対して、より安全な医療の提供と患者満足度の向上を第一にした医療活動を再認識させ、安全に対する意識を育み関係法令を遵守した改善・改革を推進していくことを安全管理の指針とする。

 

医療に係る安全管理のための指針

 

1 基本的な考え方

「多摩丘陵病院 医療安全管理指針」に基づき、患者の立場にたち、患者が安心して医療を受けることができる環境を整えるよう努力し、医療事故を未然に防ぐ診療体制の確立に努める。医療事故の発生に対しては、速やかにこれに対処し、事故の再発防止につとめる。

2 委員会・組織に関する基本的事項

安全管理のための基本的な考え方を達成するために、安全管理部門(医療安全管理室)、安全対策委員会(感染を除く医療事故防止全般)、医療事故調査対策委員会(事故対応)において対策を検討し、院内の関係委員会及び部門と連携協力し、病院全体で継続的に取り組んでいくものとする。 その組織、運用についてはそれぞれ別に要綱等を設ける。

3 従業者研修に関する基本方針

医療安全に関する知識や技術、コミュニケーション、チームワーク、危険予知力を習得・強化するため、全職員に対して、研修等を通じて継続的に教育を行うものとする。

4 事故報告等の医療安全確保を目的とした改善方策に関する基本方針

インシデント等に関する情報は、早期に把握することが重要であるため、インシデント・アクシデントレポートの提出、または緊急事態又は重大事態発生時の連絡網(EMコール含む)に従い、迅速な対応に努めるものとする。また、医療事故防止のためのリスクの把握、分析、改善、評価については、上記第2項にある関係する部門・委員会等において行うものとする。この時、 人間であれば誰もがエラーを起こす可能性があることをふまえ、インシデント等の根本的原因を究明し、システム指向の対応策の検討・実施を行うよう努めるものとする。

5 医療事故発生時の対応に関する基本方針

本院における医療を通じて、患者に何らかの傷害が発生した場合には、迅速かつ適切な臨床的対処を行い、救命や回復に全力を注ぎ、それとともに患者や家族に十分な情報提供を行う。さらに、発生した事態が、過失による医療事故か否かの判断や組織的な医療事故対応については、病院長の指揮のもと、医療事故調査対策委員会を中心に、現場の職員とともに、迅速性と即応性、客観性と公正性を有する意思決定と行動をとり、患者やその家族、さらには社会への説明責任を果たしていくものとする。

6 情報の共有に関する基本方針(閲覧)

本指針は患者及び家族から閲覧の求めがあった場合には、これに応じるものとする。また、本指針についての照会には医療安全管理室が対応する。

7 患者等からの相談対応に関する基本方針

患者に納得のいく医療を提供するために、相談窓口(医事課6番窓口)を設け、医療に関する患者の相談、意見、苦情等に耳を傾け、迅速に対応し、病院機能の一層の改善に積極的に活用していくものとする。
また、当院に医療安全管理者を設置し、相談窓口の担当者と密接な連携を図り、医療安全対策に係る患者・家族の相談に適切に応じる体制を支援する。

受付時間;月曜日~金曜日 9時~16時30分 土曜日 9時~12時

8 その他医療安全の推進に必要な基本方針

多摩丘陵病院「安全対策マニュアル」を作成、周知し、必要に応じて適宜見直しをしていくものとする。

平成25年4月12日  多摩丘陵病院 院長

▲ページトップへ